悩んでいる男性

性病と聞くと性器に症状があらわれるものだと思う人が多いですが、性病のなかには喉に症状があらわれるものもあります。咽頭感染症として有名なものには咽頭クラミジアがあり、これは基本的にオーラルセックスによって感染するものです。喉にも感染するということを知っておかなければ、性感染症を患っていたとしても性器に症状があらわれないからという理由で病気を見逃してしまうかもしれません。多くの性病は自然治癒することがありませんが、喉に症状がある場合も放置していては治ることがありません。性器以外にも発症することを知っておくことで、もし咽頭クラミジアや咽頭淋病を患ってしまったとしても、適切な対処をすることができるようにしておきましょう。

咽頭感染が起こる原因はオーラルセックスにあるので、パートナーと性交渉を行うときよりも、性風俗を利用したときにうつることが多いと言えます。性風俗店ではコンドームなしで挿入を行うようなサービスを提供していることはほとんどありませんが、コンドームなしでフェラチオを行っている場合は少なくありません。寧ろこのサービスを求めて利用している男性も多いわけですから、性風俗でオーラルセックスを行う人が多いのです。この場合、咽頭に病気がうつるのは女性ではないかと思う人もいるかもしれません。たしかに女性の口内に男性器を含むわけですから咽頭に症状があらわれるのは女性だけだと思うかもしれませんが、ディープキスなどをした場合は男性にもうつってしまう可能性があるのです。

性風俗を利用した男性の性器から、性風俗に従事している女性の喉へと病気がうつり、そこから利用客の咽頭へとうつる可能性もあります。また、女性の陰部を舐めるときに女性が病原菌を持っていれば咽頭に症状があらわれることもあるのです。男性は咽頭にうつりにくいと思っている人もいるかもしれませんが、こういった経路で感染することもあるので注意しておかなければなりません。

咽頭クラミジアや咽頭淋病を発症すると、咽頭炎のような症状があらわれます。そのため、喉に強い痛みが生じたり、扁桃腺などが腫れてしまったりすることが多いです。咽頭炎によって発熱が起こることもありますが、これらの症状は風邪ともよく似ているので、風邪と勘違いして性病だと気づくことができない人も少なくありません。発熱や咽頭炎のような症状が長く続くのであれば、風邪ではなく咽頭クラミジアや咽頭淋病を患っている可能性が高いので医療機関を受診するようにしてください。

性器に感染するクラミジアや淋病と異なって、喉にクラミジアや淋病の症状があらわれても危機感を抱かない人もいます。ですが、症状があらわれる場所がどこであっても、放置しておくことが危険であることに変わりはありません。咽頭に症状がある場合も、長期間放置してしまうことで治療することが難しくなったり、他の人に感染させてしまったりするリスクがあり危険だと言えるので、なるべく早く治療を開始するようにしてください。

喉に性病が感染するということを知らない人もいますが、咽頭クラミジアや咽頭淋病はオーラルセックスによる性交渉やディープキスなどで感染する恐れがあります。性器同士の接触はコンドームによって防ぐことができますが、性器同士でなくても感染してしまう場合は予防が難しいと言えるでしょう。性風俗や不特定多数の人と関係を持たないようにすることで病気になるリスクを下げることができますが、それ以外にも定期的に性病検査を受けることなどで喉への症状に気づくことができます。咽頭への症状も苦しい思いをすることになりますので、なるべくうつらないように心がけ、もしうつってしまったときには適切な治療を行うようにしてください。