喉に感染するのはクラミジアだけじゃない、咽頭淋病とは

2019年12月29日
男性を診ている医者

喉に感染してしまう病気は咽頭クラミジアだけではなく、咽頭淋病もあります。咽頭淋病の場合も咽頭クラミジアと似たような症状があらわれますが、喉への感染に関しては淋菌による感染者数が多いと言えるでしょう。性病のなかでもクラミジアは最も感染者数が多い病気なので、咽頭クラミジアの感染者数のほうが多いと思うかもしれません。しかしながら、淋菌はクラミジアの原因菌よりも湿った場所を好むという特徴があるので、淋菌のほうが喉に感染しやすいと言えます。

咽頭淋病を患った場合も喉の痛みや喉の腫れなどが起こり、微熱が出ることもあるでしょう。咽頭クラミジアのときと同じような症状であり、この場合も風邪と間違えてしまう人は少なくありません。クラミジアが喉に感染したときと同じで、咽頭淋病も放置してしまうことで症状が悪化したり、他の病気を引き起こしてしまったりすることがあるので注意しておくことが大切です。喉の痛みや喉の腫れが治らないという場合や、何日も微熱が続くという場合は医療機関を受診するようにしてください。

咽頭淋病はオーラルセックスで感染することが多いですが、これはコンドームの使用だけで防ぐことができるものではありません。たとえコンドームを使用してフェラチオを行ってもらったとしても、女性器に対するオーラルセックスではコンドームを装着していても意味がありませんし、オーラルセックスだけではなくディープキスでも感染することがあります。つまり、コンドームでは完全に咽頭淋病を予防することは不可能です。感染者とはオーラルセックスを含めて接触しないようにするなど心がけておくことが、予防につながると言えるでしょう。

近年は治療薬に対して耐性のある淋菌が誕生しており、この耐性菌は性器だけではなく喉にも感染します。もしも耐性菌に感染してしまうと現在開発されている治療薬では治すことができずに、症状がどんどん悪化するかもしれないのです。耐性のある淋菌に感染した場合は手の打ちようがないこともありますので、感染しないように予防しておくことが重要だと言えるでしょう。予防していたとしても感染してしまった場合は、ただちに検査や治療を行わなければなりません。

咽頭淋病に感染すると喉に痛みなどが生じて風邪のような症状を感じることもありますが、症状がひどければ食事することが難しくなり摂食障害を引き起こすこともあります。それだけではなく、放置してしまうことで他の病気を引き起こしてしまったりパートナーに感染させたりする可能性もあるので、まずは感染しないように努めることが大切です。クラミジアと異なって淋菌が咽頭に感染した場合は、その菌が耐性菌である場合もあります。耐性菌であれば、検査などで早期発見ができて素早く治療を始めても治すことができない場合もあるのです。淋病は性器だけに感染するものではありませんので、咽頭淋病の存在を正しく認識して、いざというときに備えるようにしてください。

関連記事
咽頭感染症は自宅で検査ができる検査キットがある

咽頭感染症かもしれないという疑いがあるのであれば、病院に行って検査をしなければなりませんが、なかには医療機関を受診することに抵抗がある人もいるでしょう。病院を受診したことを知り合いや家族に知られたくないというヒトもいれば、性病を理由に病院へ通うことが恥ずかしいと感じる人もいます。理由は様々ですが医療

2020年01月05日
咽頭クラミジア、咽頭淋病は飲み薬で治療可能か?

咽頭クラミジアや咽頭淋病に感染してしまった場合、その治療法について疑問を抱く人もいます。クラミジアや淋病の症状が性器にあらわれたときと同じ方法で治療することができるのだろうかと、疑問に思う人は多いでしょう。性器に感染した場合は飲み薬で治療することが可能ですが、原因菌が同じであっても感染場所が異なれば

2020年01月01日
喉に感染してしまう咽頭クラミジアとはどんな病気?

喉に感染する咽頭クラミジアについて詳しく知らない人は多いですが、どのような病気であるか認識しておかなければ感染を予防したり、感染したときに適切な処置を行ったりすることができません。オーラルセックスやディープキスが原因でうつってしまう咽頭クラミジアは風邪のような症状を起こしやすいですが、放置しておくと

2019年12月27日