性行なしで性病に罹る行動や原因

2020年03月25日

STDは性行為が原因で症状があらわれるものが多いので、性行為をしない人であれば病気とは関係ないと思う人もいるかもしれません。しかしながら、STDのなかには性交なしでも感染してしまう病気があるので、性行為を行わないからという理由で性病に関する知識を勉強しなければ、病気を発症して後悔することになるかもしれないのです。たとえ性交渉を行うつもりがないとしても、どのようにして発症するかわかりませんので、その感染経路や病気の特徴を知っておくことで、感染してしまったときに病気であることに気づいたり、早く治療が実施できたりするようにしておきましょう。

性交なしであっても感染する性病は、くしゃみや咳でうつることがあります。風邪などの病気は感染者が咳やくしゃみをすることで、周囲にいる人がその飛沫を浴びて体内に原因菌が取り込まれて発症しますが、それと同じような仕組みで性病になることもあるのです。性病を患っている人が咳やくしゃみを行ったときに、それを他の人が吸い込んでしまい体内に病原体を取り込んでしまうと発症することがあります。特に免疫力や抵抗力が低下しているときには、飛沫感染でも性病を発症しやすくなってしまうので、日頃から免疫力や抵抗力を高める生活を意識しておくことが大切だと言えるでしょう。

唾液はくしゃみや咳以外でも体内に取り込んでしまうことがあります。直接的な性行為ではなくても、キスをすることで相手の口内に病原体を含む唾液が入ることでうつる可能性もありますし、病気によっては回し飲みで感染するものもあるのです。他にも家族で食器を共用したり、同じタオルで口を拭いたりすることでも病原体が入り込むことがあるので危険だと言えます。

ヘルペスや梅毒などは唾液が原因となって感染しやすい病気なので、その症状について詳しく知ることで、身体に異変が生じたときには性病かもしれないと疑うことができるようにしておきましょう。特にヘルペスは感染力が高く、子供でも発症しやすいので注意が必要です。保育園や幼稚園、児童施設などでおもちゃを利用して遊ぶ子供は多いですが、小さな子供はおもちゃを口に含んでしまうことが多く、ヘルペスなどの患者である子供が舐めたおもちゃを利用すると病気がうつるかもしれません。別の子供が舐めたおもちゃを舐めることで唾液を介して感染することがありますので、こういった経路からの性病にも気をつける必要があります。

性交なしで発症する性病はいくつかありますので、性行為を行わない人でも発症する恐れがあることを覚えておかなければなりません。性行為がなくてもうつるということは年齢にも関係なく発症してしまうので、大人だけではなく子供が病気にならないように気をつけておきましょう。性病の原因が性行為だけだと思っていると発症していることに気づくことができない可能性もあるので、STDには性交なしでも発症するものがあるということを理解しておくことが大切です。

関連記事
「避妊」と「性病予防」は似ているようで違う

性感染症を予防するためにはコンドームの利用が推奨されていることから、性病予防と避妊は似ているものだと勘違いしている人も多いです。たしかにどちらとも避妊具を用いることで予防につながるという点は同じですが、性病予防を行うことで必ず避妊ができるわけではありませし、避妊することで必ず性病を防ぐことができるわ

2020年05月02日
クラミジアは男性の症状と女性の症状がある

男性も女性も同じ性感染症を患うことは少なくありませんが、病気によっては性別で違った症状を引き起こすことがあります。そのひとつにはクラミジアを挙げることができますが、この病気を発症した場合は男性と女性でまったく違う症状が起こるのです。性別による身体の仕組みの違いから、別の症状を引き起こしてしまうという

2020年02月27日
喉以外の性病で男女共に罹りやすい性病

咽頭クラミジアや咽頭淋病といった喉への感染は男女共に起こる性病ですが、喉以外にも男女共に感染しやすい性病があります。コンジローマやトリコモナス、性器ヘルペスやカンジダは性別に関係なく感染してしまう病気ですので、発症しないように気をつけておく必要があります。これらのなかには性行為以外の感染経路でうつる

2020年01月31日
咽頭感染症は自宅で検査ができる検査キットがある

咽頭感染症かもしれないという疑いがあるのであれば、病院に行って検査をしなければなりませんが、なかには医療機関を受診することに抵抗がある人もいるでしょう。病院を受診したことを知り合いや家族に知られたくないというヒトもいれば、性病を理由に病院へ通うことが恥ずかしいと感じる人もいます。理由は様々ですが医療

2020年01月05日
咽頭クラミジア、咽頭淋病は飲み薬で治療可能か?

咽頭クラミジアや咽頭淋病に感染してしまった場合、その治療法について疑問を抱く人もいます。クラミジアや淋病の症状が性器にあらわれたときと同じ方法で治療することができるのだろうかと、疑問に思う人は多いでしょう。性器に感染した場合は飲み薬で治療することが可能ですが、原因菌が同じであっても感染場所が異なれば

2020年01月01日
喉に感染するのはクラミジアだけじゃない、咽頭淋病とは

喉に感染してしまう病気は咽頭クラミジアだけではなく、咽頭淋病もあります。咽頭淋病の場合も咽頭クラミジアと似たような症状があらわれますが、喉への感染に関しては淋菌による感染者数が多いと言えるでしょう。性病のなかでもクラミジアは最も感染者数が多い病気なので、咽頭クラミジアの感染者数のほうが多いと思うかも

2019年12月29日
喉に感染してしまう咽頭クラミジアとはどんな病気?

喉に感染する咽頭クラミジアについて詳しく知らない人は多いですが、どのような病気であるか認識しておかなければ感染を予防したり、感染したときに適切な処置を行ったりすることができません。オーラルセックスやディープキスが原因でうつってしまう咽頭クラミジアは風邪のような症状を起こしやすいですが、放置しておくと

2019年12月27日